技術紹介Technology

IoTスターターキット SSK-1

IoTスターターキット SSK-1

測る・送る・見る・記録をパッケージ化

既設の機械式メータに後付けにて直ぐに計測が始められDX化を実現

既存のアナログメータの指針値を遠隔監視・記録が直ぐ開始

 

測 る

角度センサユニット PAKシリーズのアナログ値をデジタル化
→近距離無線(Bluetooth)にて計測データを送信

 

送 る

センサデータを無線通信(LoRa)に変換し、長距離伝送
→機械室・プラント施設等のメータ値を事務所・中央管理室ヘ

 

見 る

無線通信機とPCをLAN接続し、データモニタリング
→Webブラウザ上でグラフィカルなメータ表示

 

記 録

測定データは、SDカードメモリ上にデータ保存
→CSVデータとして取り出し可能

SIRC IoTスターターキットは、アナログメータのDX化に向けた初期評価・検討用に最適なパッケージ商品です。無線通信機(プライベートLoRa)を使用し、オンプレミス環境を構築します。
本格導入前のPOC(Proof of Concept)に必要となる機器設定を実装し提供します。
無線通信機は、Webブラウザの操作で可視化ソフトの変更や、外部機器との連動機能も有するため、本格導入に向けたプラットホームとしても活用可能です。

機器構成と通信方法

IoTスターターキット SSK-1

製品構成

(1) 角度センサユニットPAKシリーズ 10台
(2) 無線通信機(子機)(保護ケース付) 1セット
(3) 無線通信機(親機)1セット

 

基本機能

(1)角度センサユニットは、センサデータ(角度値並びに電池電圧値)を11秒に1回Bluetoothにて送信します。
(2)無線通信機(子機)は、受信したセンサデータを1分に1回LoRaにて送信します。
(3)無線通信機(親機)とPCをLANケーブルで接続することで、 Webブラウザ上にてグラフィカルな画像でモニタが可能です。
(4)無線通信機(親機)のSDカードには、10分に1回のセンサデータがCSVデータとして記録され、約1か月間保存されます。

※アナログメータのグラフィカル表示( 10台全て )は、1MPaの圧力計としてデフォルト設定されています。ユーザー側でスケール変更が可能です。

上記機能の変更およびそれ以外の設定については、別途見積り致しますのでご相談ください。