株式会社SIRCは、Bluetooth通信に加え、RS232Cシリアル通信やパルス出力といった有線接続を可能にした「IoT電力センサユニット」の新モデル「IoT電力センサユニット TypeR/TypeC」を2024年6月13日より販売開始しました。

新モデルは0.2秒間隔で計測を行うことができ、これまで難しかった短時間で変化する電力データの収集が可能になりました。これにより、加工機などの精密な動作を伴う機器などにおいて、より正確なデータ取得と異常検知の精度向上が期待できます。さらに、無線データ通信に加え、有線接続により各現場に適したデータ収集方法を柔軟に選択できるようになりました。完全ワイヤレスで可搬性に優れた従来モデルとあわせてご活用いただくことで、より多様なニーズに対応できる環境を提供します。

当社は、同商品を用いたソリューションを展開し、カーボンニュートラルの実現に向けた電力需要のきめ細かな予測や制御をはじめ、製造現場の効率化、安定操業への貢献をめざします。

「IoT電力センサユニット TypeR/TypeC」 主な商品特徴

◆ TypeR/TypeC共通

・高電圧配線不要・簡単取り付け
・0.2秒の間隔で詳細なデータを計測
・これまで取り逃していた異常値の検出が可能となり、異常検知の精度が向上

◆ TypeR

・PLCとの接続により、既存のデータ収集システムへ統合可能
・RS232C通信可能な機器との接続により高速データ取得ができ、これまで取り逃していた異常値の検出を実現

◆ TypeC

・生産データと積算電力量の同時集計を行うことで、個々の製品の製造工程で使用した電力量を算出
・カーボンフットプリントの算出だけでなく、製品の品質改善や設備の劣化診断などの予知保全が可能

■ 仕様等詳細は チラシ よりご確認ください。
■プレスリリースは こちら