IoT角度センサユニット 防爆対応モデル PAK X5

  • IoT 角度センサ
  • 防爆エリアをカンタンIoT化
  • 既存のアナログメーターに後付け
  • 設備の予知保全・異常検知に

防爆エリアのアナログDXを実現

化学プラント等で火災・爆発の危険性がある「防爆」エリアに設置されている計器類のIoT化を実現し、点検業務の効率化、安定操業を実現します。

商品特長

本質安全防爆構造

ZONE 1(危険度1区域)に使用できる本質安全防爆構造です。※防爆等級:Ex ib ⅡB T4 Gb

遠隔監視

アナログメータが示す値をデジタル化し、遠隔で監視・点検できます。

安全対策

高所や暗所など、危険を伴う場所での点検作業を削減できます。

導入メリット

保全活動を補助

測定値の傾向から、設備の変化にいち早く気づけるので、 適切なタイミングでメンテナンスできます。

異常の検知

設備が故障した場合、常時監視される測定値から異常を検 知し、メールで通知※します。

※ 異常検知時のメール発報は「 SIRCクラウド 」の機能です
ヒューマンエラーを防ぐ

読み取りミス、転記ミス、入力ミス、点検漏れなど、人間が起こしうる様々なミスを回避できます。

作業者を事故から守る

高所や暗所など、作業に危険を伴う場所でのメータ点検作業を削減できます。

 

現場ニーズに応える計測データの多彩な集計方法をご用意

クラウド上にデータを保存し、グラフ化やCSV出力、メール発報、API連携ができるクラウドシステム、データロガー とのLAN接続、ローカルのパソコンを使用したスタンドアローンシステムまで、現場のニーズに合わせて計測データの集計方法をお選びいただけます。

商品仕様

詳細はカタログからご確認ください。